北海道ACぷよ通連戦祭レポート

10月9日にディノス 札幌中央で行われた連戦祭のレポートです。
対戦結果へのリンクはコチラ→対戦結果

初戦は9時開始ですが、少し早めに8時過ぎに到着。
普段の対戦会と同じ2セットの対戦台が設置されていましたが、
今回は貸切にしていただいたからでしょうか少し配置が変わっており、
後ろで観戦する人が座っていても見やすくなっていました。
貸切台であることも分かりやすく書かれており、お店の方にはほんと感謝です。
そして初戦の相手わらぶさんも程なく到着し、軽くレバーとボタンの確認をしてから
まだ時間があったのでちょっと対戦したのち、連戦祭開始。
結果は対戦結果の通りでございます・・・。
2試合目のりーしさんは数分の遅刻であってもきちんと報告を入れてくださり、
また、当日都合により来られなくなったひゅーまんさんも早い段階で連絡がありました。
しっかりと連絡してもらえると進行しやすく、ほんと助かりました。
こういったマナーの良いところは北海道ぷよらーの良いところですね。

お昼は午前組の3人で先日の対戦会で教えてもらったリゾットのお店へ。
メニューが多彩で、美味しく、お二人にも好評でした。

午後からは2セットフル稼働での連戦開始。参加者は総勢10名となりました。
連戦に熱が入る中、組み合わせによっては待ち時間が出来てしまうので、
その間は各々観戦したり、別のゲームをしたりしていました。
たいさんとぼのさんはマイエンジェル2を攻略していたそうですが、
初代の方が面白かったそうです。
また、普通の連戦とは別に、列強争覇戦の店舗代表を決める残り3試合がありました。
ことさんの試合以外はすでに終わっており、あくたーさんが2勝で暫定1位となっていました。
ことさんはミニョン族さん、みっきーさんに勝利して2勝で並び、
あくたーさんと勝ったほうが代表という展開に。
やはり注目の一戦なので別台での対戦者以外はみんな観戦していました。
試合は常にリードしていたことさんがそのまま4本差で勝利。
北海道対戦会の創設者であることさんが見事に店舗代表の座を獲得しました。
全国の舞台での活躍を期待しています!

夕飯は近くのお蕎麦屋さんで。
夕食後は台の空き時間が多かったので、その場にいる人で急遽対戦カードを決めました。
スケジュールの都合上あまり時間が無かったので、長居はせずにパパッと食べてゲーセンへ。

夕食後は店舗予選が終了したこともあり、皆さんリラックスして連戦していたようです。
自分はhi-roさんと1試合入れたのですが、33先だったら危なく33-4になるところでした・・・。

連戦祭は特に問題もなくスムーズに行われ、23時半頃にすべての試合が終了しました。
楽しかったと言ってもらえたり、
今回都合により参加できなかった方も、次回あれば参加したいという声もあるので、
また行うことが出来ればと思っています。
色々と配慮してくださった店舗様、
参加された皆様、相談に乗ってくれた方々ありがとうございました!


P.S
12月10日(土)の19時に忘年会及び、ことさんの祝勝会を行う予定です。
場所は確定していませんが、焼肉の食べ飲み放題で会費3000円3500円くらいを予定しています。
詳細は後日お知らせします。 たくさんの参加者お待ちしています!
スポンサーサイト

北海道ぷよぷよ通 9月 対戦会レポート

参加者:こんどう、るびすこ、はなび、ギフト、へきえい、タカハシ、アクター、さがわ、こと、すのー、ブーケ、りょう、朱雀、ヒーロ、みっきー、ようかん(16名)

 こんにちは、さがわです。
前の週に関東旅行(ほぼゲームしかしてない)に行ってきたおみやげがあったので

「これ持っていけばとりあえず参加者とコミュれるじゃんwww」

ってことで1時過ぎから参加しました。

 今回の対戦会は人数が多いことももちろん嬉しかったですが、それ以上に若手ぷよらーが集まってくれたのが特に印象的でした。
 なんと初参加のブーケくんは高校生ながら旭川から札幌まで移動して、さらにホテルまで予約して泊まり込みでの参加だったそうです!北海道ぷよ界もじょじょに老化の波が押し寄せてきているので、こういったモチベの高い若手ぷよらーの姿を見ているとこちらも刺激されますね!
 同じく最近対戦会に来はじめた若手のみっきーくんの速攻戦術も印象的でした。
北海道は良くも悪くも落ち着いたぷよを打つ人が多いので、ゴリゴリせめてくるタイプのぷよを相手にすると新鮮な気持ちになれます。

↓速攻を打とうとしたけど躊躇した結果生まれた、
みっきーくんの刺激的な連鎖(2P)
puyo2.jpg

 そんな若手の姿に刺激された僕のぷよはといえば、対戦会に通い始めた操作に不慣れなぷよらーを前に5~7万点を打ち続ける本線クソジジイでした。反省してまーす。

↓モチベの高い北海道ぷよらーが集う
puyo.jpg


 ところで、僕とことさまはなぜか決闘をすることになり、未知のゲーム「ポッ拳」筺体へと向かいました。

※ポッ拳:最近出来たポケモンの格闘ゲーム(http://pokkentournament.jp/


 僕が選んだのはカイリキー、
ことさまが選んだのはゲンガーで対戦開始。
何となく格ゲー経験のあることさまは、ハメ技のようなシャドーダイブ(突然消えて攻撃してくる)やシャドーボール(遠距離攻撃)を使いこなしてカイリキーの体力を少しずつ削るのですが、無理やり近づいてカイリキーでワンパンした瞬間HPを5割やら7割やら吹っ飛ばすクソゲームバランスにより、僕&カイリキーが勝利しました!!!!真のポケモントレーナーだああああああ!!!!!

↓見事勝利をおさめた勝利のカイリキー
poke.jpg

 その後は、るびびこくんとゲーセンを抜けだしてゲーセンをハシゴしてボルテでマッチングしたりしてるとばんごはんの時間になったので、14人の大所帯で移動。
本日のばんごはんは珍しくイエロー(http://www.yellow1996.com/)にてスープカレーを食べることに。

↓僕がたのんだ「チキン野菜カレー」 んめっ!
 curry.jpg

↓みんなで食べるご飯は楽しい
curry2.jpg

 腹ごしらえも済んだあとも、まだまだみんなぷよぷよ筺体へむらがるむらがる。
ぷよらー10人以上で筺体を囲んで殴って野試合を回していました。
(けっこう目を引く光景らしく、後ろから見てる人もちらほらいましたね)

 そんなこんなで僕は21時ごろにゲーセンを後にしましたが、それでも7人ほどぷよらーは残っていました。
これだけ遊んで北海道の対戦会なら500円。すごいなあ!!7時間近くゲーセンにいたのに500円!!!しゅごい!!!


ということで、これからも北海道ぷよ対戦会をよろしくお願いします。10月対戦会でまた会いましょう(^o^)ノシ

北海道ぷよぷよ通 7月 対戦会レポート

筆者:やました (全3部 2/3)

※※※やましたさんは、暑さのせいで、一部事実と異なる表記があります。みんな、注意して読もう!※※※

 この時間帯になると、人が集まり出す。
 参加者が集まりだすと、2本先取で負けた方が交替、というルールが適用される。

 るびすこさんは、用事があったようで、食事会には参加せず、途中で対戦会を離脱したようである。

 今回の対戦会には、道外からぷよらーが来た。
 ぷれーんさんという。
 仕事の関係で北海道に来たようであり、その際、北海道で本日ぷよ対戦会が行なわれていると偶然にも知り、対戦会に伺う事になった。

 その情報は、どうやら、ツイッターでもたらされたようだ。
 活気立つ北海道のぷよらー。
 道外からぷよらーが来ると、対戦会では一種の祭りが催されるのだ。
 
 
 その祭りは、普通一般には、
 血祭りと呼ばれるものである。
 
 北海道は冬、雪が降る事は珍しい事ではない。
 それと同様に、
 北海道ぷよ対戦会では血の雨が降る事も珍しい事ではないのである。
 
 
 ぷれーんさんが到着。
 性格の悪い北海道のぷよらーの餌食にされる。

 早々とぷれーんさんは、筐体に座らされた。
 その周りを取り囲む北海道のぷよらー。
 「おい、お前のぷよ、見せてみろよ」と言わんばかりである。
 儀式がはじまったのだ!
 ぷれーんさんは北海道のぷよらーから言葉責めを浴びる。

 そのぷれーんさんの隣の筐体に座っていたのが、私であった。
 どんな言葉責めを浴びせられていたかは、詳しくは覚えていない。
 覚えていたとしても、このブログには書く事のできる内容ではないだろう。、

 ぷれーんさんは、何度か、さがわさんの名前を口に出されていたようだった。
 さがわさんはニコ生の配信を頻繁にやっているからか、全国的にはさがわさんは有名なのだろう。
 というわけで、
 「仕方ねえな。じゃあ、さがわを呼んでやる事にするか」
 となったようだ。

 そして、
  「さがわ、来るんだ。ぷれーんさんがご所望だ。来なければ殺す」
 といった通達がさがわさんの元へ届けられたようだ。
 そこで急遽、さがわさんは対戦会へ参加する事となった。
 あのさがわさんでも、北海道ぷよらーの血の掟には逆らえないという事だ。

 ところであまり知られてはいないが、
 北海道では人を殺しても、
 熊に襲われたということにすれば完全犯罪にする事ができる。
 そうすれば、道警はそれ以上の捜査をする事はない。

 その事をさがわさんはよく知っていた。
 音ゲーばかりはしてはいられない。
 まさに、命懸けなのだ。


 私は途中、ぷよ疲れを起こし、
 近くにテトリスの筐体を見つけ、テトリスをしていた。
 その後、
 ぷれーんさんを生贄にした血祭りがどこまで繰り広げられていたのだろう。

 

 そうこうしているうちに、気づけば時間は過ぎ、
 食事会となる。
 


 北海道のぷよらーは食事会の店へと移動する。
 すると、
 そういえば、
 誰か一人いない。
 誰か一人、迷子になったようだ。
 というわけで、狸小路で一旦みんな待機する事になった。

 ちなみに、
 迷子になったのは、
 私だった。

 テトリスをしている最中に、
 油断し、
 なんとみんな、食事会へと移動していたのであった!

 「いない。。。」
 「あ、やべぇ。これ、みんな、食事会へ行ったんだな...」
 と私は思った。

 すがる思いで、私はツイッターを見る。
 「狸小路へ来てくれ」
 との事であった。

 これで一安心である。
 だがもう一つ、問題があった。
 私は、ここから狸小路へどう行けばいいのか分からなかった!
 私は迷子になったのだ。

 何を隠そう、
 私は方向音痴という持病を抱えている。
 ここで無理に狸小路を探そうとすれば余計に道に迷ってしまう可能性が高い。
 それが長らく方向音痴として生きてきた私の経験則なのである。
 スマホのナビで探そうかと企んだが、
 最近、格安SIMに変えたせいなのか、
 ナビの機能は使えなかった。

 残された手段はもう限られていた。
 私はツイッターで、
 誰か私のところへ迎えに来てください光線を放出する事にした。
 こうかはばつぐんだ!
 私はへきえいさんにより、無事に捕獲された。
 
 さて、食事会である。
 食事会となると親睦を深める、となってきそうだが、
 北海道のぷよらーの場合は、気をつけた方がいい。

 何故なら、北海道のぷよらーには青酸カリを所持している者は少なくないからだ。
 青酸カリを服用させる事で死者が出ることは当然ある。
 だがその場合は、
 医者の診断書に「エキノコックス」と書いてもらう事で、
 北海道のぷよらーは事無きを得るのである。
 
 ちなみに私は、
 こうした食の方には興味がたいしたないので、
 詳しい食レポとか書けない。
 店の名前も覚えていない。
 パスタとピザをみんなで食べた、
 という事で、食べ物に関してはご勘弁頂こう。

 食事会を終える。
 記憶によれば、
 食事会を終えた時点で、
 道外から来たぷよらー、ぷれーんさんは離脱する事になる。

 ぷれーんさんはツイッター上で、
 北海道の人たちは良い人たちだった、
 といった事をおっしゃっていた。
 このようにして、
 道外のぷよらーは洗脳されていくわけだ。
 
 食事会を終えても、
 まだ対戦会は終わらない。
 いつまでぷよをするのだこの者たちは...。..

北海道ぷよぷよ通 7月 対戦会レポート

筆者:やました (全3部 1/3)

7月12日金曜日。深夜。対戦会の前日に車で私は札幌入りした。
対戦会当日に車で行く事も可能である。
ただ当日だと、寝過ごして行く気にならなくなる恐れもあるかもしれない。
それと、早い時間に対戦会に参加すれば、それだけ長い時間筐体に触る事ができる。
それ故に、対戦会前日に札幌入りした。
それは今回に限らず、そのような形になる事は多い。
そしてネットカフェか車の中で一夜を明かして、時間を見計らい、対戦会へ向かう。
今回は、午前中、とあるフィットネスジムで時間を潰してから対戦会へ向かった。

ゲオディノス札幌中央の開店は午前10時。
対戦会は午前10時、開店と同時に参加する事ができる。
500円で閉店の午後12時までフリープレイである。

私はこの北海道ぷよ対戦会以外にも、
道外に出て、
津田沼エースとマットマウスの対戦会に一度参加した事がある。
北海道ぷよ対戦会に慣れ過ぎたせいなのか、
対戦会というのはいくらかの金銭を支払えばフリープレイなのかなと思ったいたら、そうではなかった。
1プレイ50円であるとか、そういう形式なのであった。
都会の対戦会でもそうなのである。
そのように考えると、北海道ぷよ対戦会は恵まれた環境なのだなと思ったりする。


私がゲオディノス札幌中央に到着したのは、午前10時を少し過ぎた頃。
私が一番最初に来たかなと思ったりしたが、もうすでに来ている人がいた。
こんどうさんという方だった。
私が前回に参加した時も、早い時間帯に来ていたと記憶している。午前中の早い時間帯に対戦会に誰かいたら、だいたいきっとこの人なのだろう。

対戦会に人が集まってくると、2本先取で負けた人が交代するといったように、ルールが設けられる。
ただ午前中の早い時間だと、人はそんなに集まっていない場合が多いので、連戦できる場合というのは多い。それが午前中参加の大きな魅力なのであろう。しかし、人が来ないでしばらく一人の状態になる可能性もあるのだろうが。

私が来た時点では、私とこんどうさんだけで、連戦する事に相成る。
途中で人が少しずつ集まりだし、
気づけば、私はるびすこさんとの連戦になっていたようだった。

午後2時ぐらいだったか、
私は対戦会を途中で一旦抜けて、昼食を食べに行った。
そばを食べたが、その店の名前は覚えていない。
そこでスマートフォンでツイッターを見て、どうやら自分が連戦していた人というのはるびすこさんというのが分かった。

昼食を終え、対戦会へ戻ると、
対戦会に人が更に集まってきた。
対戦会の本番は、これからだ。

5月16日 対戦会レポート

筆者: ぜっとり

参加者: こと、ようかん、ヒーロ、こんどう、やました、こしょう、ギフト、ぜっとり(敬省略)
他名前のわからない方2名


会期を書くのは実に1年ぶり。お久しぶりのぜっとりです。

今回の対戦会到着はちょっと遅めの17時ごろ。狸小路アーケード内で私用を済ませて、日暮れの参戦となりました。
狸小路のアーケードから札幌スガイに向かう場合、普段はアーケードの中を通って行くのがわかりやすいのですが、
この日は外国人観光客でごった返し、見渡す限り人の海。どこのお店も大賑わいでした。景気がいいですね。

スガイに着くも入口付近はまたも観光客の一団が!(ざっと40名くらい?
どうやらBINGO大会に参加しているお客さんだったようです。おかげでお店に入るだけで人波わけて通ることに。
夕暮れ時になるとまだ肌寒い5月の札幌ですが、今日は人の熱気に圧倒された1日でした。。


急ぎ足で対戦台のある2Fへ。到着時にはことさん、ヒーロさん、こんどうさんら常連メンバーと、ご新規さんと思われる方が数名。ようかんくんも私と同じ頃に到着。
この日対戦会に集まったのはおよそ10人ほどでしたが、常連メンバーも席をたつことが多く今回は中々レベルが高かったです。
安定した中盤で勝ち星を重ねていくようかんくん、変幻自在に連鎖を伸ばして大火力を放つことさん、ノリノリで操作ミスを連発するぜっとりと、常連メンバーも好調(?)なようでした。

食事会メンバーを募るころとなり、気づけば時計は19時前をさしていました。
昼ごはん抜きで参加してきたというようかんくんやギフトさんら、高モチベのメンバーも流石にガス欠の模様。
さてどこに繰り出すかとお店選びが始まったところで、近くにサイゼリヤが出来たという噂を耳にしました。


サイゼリヤという単語を出た瞬間、「僕も」「わたしも」「じゃあ俺も」と、サイゼリアに行ったことが無いことをカミングアウトするぷよらーが続出。
全国チェーンのファミレスに異様な意欲を見せる北海道勢に対し、ご新規さんが多い今回の対戦会の様子を鑑みて、和食も選択肢に入れた方がいいんじゃないかとすしざんまいを提案する優しいようかん君でしたが、今回の食事会はご新規さん含め希望者が多いことからサイゼリヤに決定。
お店へ向かう道中もざんまいの魅力を語るようかん君。抜かり無い。

しかし、この日の飲食店はどこも満席。サイゼリヤを諦めた一向は、ほどなく王将へ。
GW中「4star2015Orchestra」を見に行った話を興奮気味に話すぜっとり、焼きそばをつつきながらうんうんと話を聞いてくれるギフトさん、黙々と回鍋肉を食べるヒーロさんという、よくわからない構図の3人で卓を囲みました。
こちらの卓とは対照的に、完全に食の戦いと化していた[こと・ようかん]グループは4名。結構な量の料理を平らげていました。
ただ1人当たりが支払う金額はこちらの卓と同程度だったようで、コスパの良さをやたら押してきてちょっと面倒くさかった(笑)


食事会の帰りに寄ったセブンイレブンのドーナツを頬張りながらスガイに戻る一行を待ち受けたのは、狂ってしまったぷよ通筐体でした。
狂ってしまったぷよ通基盤 空中残し
NEXTに4色のぷよが並んだり、中盤戦で対応に使ったぷよが空中に残ったり、高速落下させたツモが左右に残像を生んだり、カーバンクルの周りに意味不明な文字が並んだり...
対戦会の熱気がそうさせたのかはわかりませんが、見慣れた画面で次々に起きる奇っ怪な現象に戸惑う北海道勢。
ひとまず店員さんに連絡、その日のうちに調整をするのは時間的に厳しいこともあり、様子を見ながら対戦会は続行。

次第に慣れてきたのか、いかに効率よく画面歪ませて相手を戸惑わせることに利用出来る、技術として昇華しようと模索を始める常連勢。
(ことさん曰く、自分の意思で画面を歪ませる力のある人のことを「ゆがませラー」と呼ぶらしい)

この日ゆがませラーとなったのは、こと、ようかん、ぜっとり でした。
ことさんはNEXTぷよを分身させるタイプ、ようかんくんは空中にぷよを残すタイプ、ぜっとりはスコア表示に謎の文字を出現させるタイプのゆがませラーのようでした(笑)

画面の歪みが酷くなり、プレイに支障が出るようになったところで対戦会は終了。
中々珍しい現象だったものの、相当使い込まれた影響なのかやはり基盤にガタが来ているようですね。
日々ガチ連戦を楽しんでいるみなさんも、ぜひ基盤や筐体をいたわりながら遊びましょう!


*** PR ***
来たる 6/6(土) は「第4回北大祭ぷよ大会」が開催されます!
この日に北海道へ観光・遠征に来られる方、札幌在住ながら対戦会の日に中々都合がつかない方、
北大ぷよサークルによるイベントが開催されますので、どうぞ奮ってご参加下さい!
(気になる対戦方法はPS4ぷよぷよテトリスとの噂...?)
イベントの詳細はこちら
http://hokudaipuyo.web.fc2.com/
*********
管理人の一言
対戦相手を愛しなさい。さすればおのずと相手のフィールドが見えてくるであろう。

北海道ぷよ対戦会

Author:北海道ぷよ対戦会
こちらは北海道ぷよ対戦会ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
コンテンツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR